バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>バイトから将来の道(カフェ編)

バイトでレベルアップして、自分の店を開店!
見つけた!バイトから将来の道 (カフェ編)
バイトをしているなかで、「将来やりたいことが見つかった!」という方はいますか?
「給料だけが目的で、特に目標はないなぁ」という方のほうが、多いかもしれません。
横浜・cafe Flowerオーナー荒井淳さん(34)は、たまたま始めたフード系バイトの楽しさが忘れられず、将来お店を持つことを決意、フード系バイト歴を重ねレベルアップして、カフェをオープンしたという人物。
荒井さんに、「働くなかに楽しさを見つけ、将来を切り開く方法」を伺ってきました!
(取材・文:大塚幸代 編集部:メガネ 制作日:2006/8/15) 

働くなかに楽しさを見つけ、将来を切り開く方法とは?

cafe FLOWERは、2004年3月にオープンした、 みなとみらい線 ・元町中華街駅から徒歩5分。
横浜のデートスポット、山下公園や中華街のそば。観光に歩き疲れたら、ちょっと寄るのにぴったりなカフェ。
そんな10年越しの夢を実現させ、今でも、お店のカウンターに立つオーナーの荒井さんに お話を伺いました。
初めて楽しかったバイトがレストラン

「やっていて楽しいな、と初めて思えたアルバイトが、
飲食店だったんです。
当時は学生で、フード系バイトは単に『時間の融通がきくし、
便利だから』という理由で、選んだだけでした。

他の職種のアルバイトも、したことはありますよ。
警備員をしたり、音楽の学校に通っていたので、ライブハウスで
音響の仕事をしたり。
でも別に、楽しさは感じなかったんですね。

その初めてのフード系バイトは19歳のとき、横浜にあった、
イタリアンのファーストフードのレストランだったんですが、
スタッフ同士も仲が良くて、雰囲気も良くて。
ここに働くまで料理を全くしたことがなかったので、人生初料理は、そこのパスタでした、遅いですよね(笑)。
cafe FLOWER(カフェフラワー)

cafe FLOWER(カフェフラワー)
神奈川県横浜市中区山下町24‐7
シティーコート山下公園1F    TEL:045-662-3787
OPEN (月~土)11:30~23:30 / (日)11:30~18:00
カフェ

普段からカウンターに立ち接客している。
カフェアルバイト

アルバイトさんたちもいらした。
手際よく仕事をこなしていた。
バーでのバイトでカクテルのおもしろさを知る

そのあと、海外にワーキングホリデーに行くためにお金を貯めようと
思いまして、また飲食店で働いたんです。
しゃぶしゃぶ店と、レストランをかけもちで。
バイトは楽しかったですけれど、この時点では、まだ飲食を仕事にしよう、
とは考えていなかったですね、単に資金の調達のためでした。

カナダに1年ほど行ったんですが、留学中に働く場って、
ほぼ飲食店に限られてしまうんですね。
なので、やはりまた食の仕事…バーテンダ-の仕事をしてみたんです。
カクテルを教わったりして、お酒もおもしろいな、と思い始めて。
一旦、別の職種に就職、でも…。

帰国後、音楽の仕事、レコーディングスタジオに勤めたんですが…3ケ月で辞めました(笑)。夢だった仕事だったんですけどね。

本当に音楽が好きで、のめりこんで働いてる人を見て、
「自分に向いている仕事って何だろう?
やっていて楽しい仕事は何だろう?」って考えたんです。

飲食の現場で働いていた時の「楽しさ」と、
比較してしまったんですね。
バイトだったけどすごい楽しかったなって。

そこで、音楽は自分の求めてる仕事じゃない、と気がつきまして。
カフェアルバイト

アルバイトさんから、チキンリトルに似てると言われるとか。そこからも、人柄の良さが感じられます。
オススメ料理、山盛り!ムール貝の酒蒸しとオリジナルタコライス

オススメ料理、山盛り!ムール貝の酒蒸しとオリジナルタコライス。
飲食業に戻り、レベルアップ!

辞めた後、本牧のバーで1年半、働いてみたんです。
そのあと、テーブル接客と料理のことを学びたいなと思いまして、
石川町のダイニングレストランで、ウェイターを3年半。

当時ワインブーム前夜だったんですが、そこからワインの勉強を初めて、
ソムリエの資格もとりました。
その頃、自分が求める『接客』というのがわかり始めて
自分で店を持ちたいな』という気持ちが、固まってきたんです。
そのためにはいろんな飲食店で働いて、経験を積んだほうがいいな、
と考えて、今度は世田谷にあるアジアンダイニングで働いたんです。
次に神田のワインバーに1年半、その次に代官山の和食ダイニングに1年。
自分の「カフェ」づくり

いろんな所で働いてみて、自分がどうお客さんと距離感をとりたいのか、どういう場所にどういう店を作りたいのか、だんだんと見えてきたんです。

バーですと、人との関係が濃密になりますよね、でもレストランだと、お客様との距離が遠い。そこで「カフェ」だと考えたんです。

「カフェ」というと、趣味的な世界を作りこむ店が多いですが、
僕は、自由に人が行き来する場が作りたかった。
だから、店内も白を基調に、情報の少ないインテリアにしました。
そうすると、スタッフとお客様、つまり「人間」が際立つんじゃないかと思ったんです。
できるだけ自由にしたいと考えていたので、喫煙も、ペット同伴もOKにしています。
「ジャックラッセルテリア」のトーイちゃん

「ジャックラッセルテリア」のトーイ(♀)週に一度、お店に出勤しているそうです。
『夢の仕事』と『好きな仕事』は違う!

「将来カフェをやりたい、そのために何かしたい」と考えている方は、まず、今の自分に何が出来るか考えてから始めるといいですね。1年とか自分で期限を決めて、色々な仕事にチャレンジしてみてはいかがですかね。
その間にコレを覚えようとか、目標を作るともっといいですね。
そして自分は、何が好きなのか、どう働いたら人生を楽しめるのか、追求していくといいと思います。
昔の自分は、『音楽で食べていくぞ!』と思いこんでましたけど、
時には、夢をあきらめる決断と勇気も必要!だと思います。
その結果、今が本当に楽しいですし、いろんな仕事やってきてよかったと思います(笑)。
カフェをオープンするまでは本当に大変でした。自分のやりたい接客ができるうれしさがあったからやり遂げられたと思います。
オープンしても、大変なことはありますが、最初のバイトで感じた飲食業の楽しさが感じられることと、働くスタッフやお客様の笑顔が見られることで、乗り越えられます。
本当にこの仕事をやってよかったなと思います。
スタッフ全員

ワキアイアイとして、笑顔がたえないお店。一緒に撮ったことはないというので撮らせていただきました。

荒井さんのカフェオーナーへの道(フード系バイト年表)

これでバッチリ!? 実際にバイトを探してみよう!
カフェで経験値を貯める!
[北海道] [東北] [関東] [甲信越・北陸] [東海] [関西] [中国・四国] [九州・沖縄]

居酒屋・バーで経験値を貯める!
[北海道] [東北] [関東] [甲信越・北陸] [東海] [関西] [中国・四国] [九州・沖縄]

レストランで経験値を貯める!
[北海道] [東北] [関東] [甲信越・北陸] [東海] [関西] [中国・四国] [九州・沖縄]

ファーストフードで経験値を貯める!
[北海道] [東北] [関東] [甲信越・北陸] [東海] [関西] [中国・四国] [九州・沖縄]

編集後記
将来やりたいことって意識して見つけるものだけだと思っていたけど、意識せずに見つかることもあるんですね。自分は何が好きかではなく、自分は何をするのが好きなのか。バイト選び仕事選びで重要なものの一つですね。少しでも、興味があったらやってみる。やってみて楽しくて、この道を究めよう!って思うかもしれない。荒井さんのように。

あなたの評価が企画を生みます この特集は、どうでした? 感想や意見、企画案なども受付中です。

<<アルバイト情報サイト「anエリア」へ
ページ上部へ▲