バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>成功者たちがアドバイス 失敗しないバイト選び!

“仕事内容が違う”“職場の雰囲気最悪”こんな思いは絶対イヤ
成功者たちがアドバイス 失敗しないバイト選び!
「仕事内容が自分の想像と違っていた」、「店長とちょっと合わない」などなど、みなさんバイト選びで失敗した経験ってありませんか?
今回は、街行くアルバイターに“バイト選びのよくある三大失敗体験”とそれに対する“成功体験”を聞いてきました。
お仕事選びに失敗した経験を生かして、希望するところに就けた成功者が教える「失敗しないバイト選びの方程式」とは?
(取材・文:ウーゴ・イヤス 編集部:メガネ 制作日:2007/2/13) 


ボクは仕事内容を知らずに大失敗
Juta rockさん(22) 学生
Juta rockさん(22) 学生
ボクの場合、仕事内容で大失敗したんです!
あるとき、友人から「稼げるバイトがあるぞ!」という甘~い誘いがあり、
ちょうどバイトもしていない時期だったので、詳細も聞かずふたつ返事で
引き受けたのですが…。
現場にでてから、それが営業の事務の仕事だとはじめて知ったんです。
仕事内容は事務だから、「簡単なデータ入力だけだろうなぁ」と思っていたら、スケジュール管理や企画書の作成、営業まで社員さんと同じように仕事をされられてしまって…。
そのうえ朝早くから夜遅くまで。残業なんかあたりまえ。
休み返上で仕事をしなければいけない日も多く、「学生なんですけど…」と
思いながらずっと働いていました。
無知が災いしたなぁ」と思い、いくら稼げるバイトでも「自分には無理!」と、
しばらくして辞めました。
仕事内容の【成功】方程式はコレ!
成功 = バイト情報確認(anなど) × メモ用紙
バイト選びは“メモ魔”になろう!
1: anで同じ職種の別会社の仕事内容などを比べて細かくチェック。小さな疑問点でもメモしておく。
2: そのメモを見ながらバイト先に電話で疑問点の確認。
3: 面接のときに再度、上の2を確認。面接のときもメモを取りながら話を聞く。
結果
しっかり、仕事内容を自分の中でイメージし納得するまで、聞くことができる。
メモがあれば緊張して質問を忘れたときも確認することができて、何を聞いたか忘れることもない。
メモを取ることで、仕事内容の疑問点、知りたいことが浮かんでくる。

マツさん(20)学生
マツさん(20)学生
あやかさん(20)学生
あやかさん(20)学生
ボクもこの方法でうまくいきました!
メモを見ていたり、書いたりしていると“マジメ”で“やる気”のあるやつと見られるみたいですよ。だから今働いている先の店長に「面接のときはマジメに見えたのになぁ」と言われてます(笑)。
ワタシもこの方法やりました。
忘れっぽい性格だし、しかも緊張している面接のときの話なんて記憶にないですもの(笑)。だからメモ帳使いました。あとで、「それ聞いてない!」とかお互いにイヤですからね。

時給1100円以上のバイトはコチラ!
[北海道] [東北] [関東] [甲信越・北陸] [東海] [関西] [中国・四国] [九州・沖縄]

ワタシは職場の雰囲気があわずに大失敗
チャーミキティさん(19)学生
チャーミキティさん(19)学生
ワタシの場合、職場の雰囲気で大失敗したんです!
スーパーの惣菜屋さんでバイトの募集を見つけたんです。時給やシフト、エリアなど条件もちょうど良かったので、はじめたんですけど…。
お店がとにかくヒマでヒマで。
私は、きっちり働きたかったんですけど、バイト時間の半分以上はパートさんとおしゃべりですぎていって…。パートさんも仕事中なのにアクビ連発しているし、ヤル気なさそうなんですよ。
「バイトってこんな感じでいいの?」って思いました。
何か作業を見つけて働いていると、私一人だけ浮いている感じがして気にしちゃうし、職場の雰囲気になじめなかったんですよ。
結局、自分にはこのバイトは合わないと思って辞めちゃいました。
職場の雰囲気の【成功】方程式はコレ!
成功 = バイト情報確認 × バイト先の下見
バイト選びは“面接前の下見”から!
1: 面接の前などに、実際に働きたいお店にお客として行く。
2: 店員さんの客への態度や話し方をチェック
3: キッチンやバックヤードがすこし見えるなら、店員さんの動き、同僚との掛け合いなどチェック。
結果
バイト情報だけだと、職場の雰囲気とか人間関係とかよくわからない。
深い性格的なことまではわからないが、これだけでも職場の雰囲気がわかる。
店員さんチェックでお店の教育がしっかりできて信頼できるかがわかる。
バックヤードを確認すると、プライベートの姿が少し垣間見ることができる。

サクさん(19)学生
サクさん(19)学生
ふたまるさん(20)学生
ふたまるさん(20)学生
ボクはこの方法で良いバイト先に出会えました。最低限しっかりした対応ができないお店では働きたくないですよね。
実際に見に行くと、自分が働くイメージもしやすいし、はやく現場になじめるような気がして良いんですよ。
ボクもこの方法やりました。人見知りする性格なので、すこしでも、その場の雰囲気や人に慣れることができるからよかったです。「バイト入る前にお店来たことあるんですよ」と言うと話のネタにもなりますしね。

雰囲気がわかりやすい、フード系アミューズメント系バイトはコチラ
[北海道] [東北] [関東] [甲信越・北陸] [東海] [関西] [中国・四国] [九州・沖縄]

ワタシはうまく稼げず大失敗
なおこさん(21)学生
なおこさん(21)学生
ワタシの場合、うまく稼げずに大失敗したんです!
「旅行資金を貯めるために稼がなければ!」とバイト探しをはじめたんですけど、バイトをしたことがなかったので、探し方がよくわからなくて、何も調べずに、「よく使っているから、仕事内容もなんとなくわかる(ハズだし!?)」という理由で、コンビニに決めたんです。
自分の失敗に気づいたのは、働き始めてまもなく。
全然稼げないっ!”のです。
研修期間があり、その間の時給は100円低いと言うのも知らなかったんですが、一番はシフトが「月曜日と水曜日は○○さんね」という感じで、完全固定制だったことです。
ヒマな時に働きたくても、他の曜日にシフトを増やすことができなかったんです。
その固定シフトのせいで、学校のテストの前日も、そして当日も変更は許されず、シフトどおりに出勤しなければならなくて大変でした。
旅行資金の予定額まで稼げそうにもなかったので、辞めることにしました。
うまく稼げずの【成功】方程式はコレ!
成功 = バイト情報確認 × カレンダー
バイト選びは“スケジュールをチェックすること”から
1: バイト情報に掲載されている時給・シフトを自分のスケジュールに照らし合わせてチェック。
2: 時給と自分が希望するシフトで働けるか、バイト先に電話で確認。
3: 最大で稼げる金額を知るため、1ヵ月でも半年でも、ざっと自分のスケジュールをカレンダーで確認。
結果
自分のこれからのスケジュールを把握しておけば、稼ぐ金額の目標もたてやすい。
自分のスケジュールを書き込んでおくと、カレンダーで確認しつつ、バイト先にシフト通りに働けるか
すぐ確認でき、手間が省ける。

カメさん(21)学生
ツクモさん(20)学生
ボクはこの方法でガッツリかせげました。2週間前に自分のスケジュールを決めるカタチで、カレンダーとにらめっこしながらバイトを決めました。今まで自分のスケジュールがわからなくて、シフトに入れず稼げなかったんで(笑)。
ボクもスケジュール帳見つつ決めました。1ヶ月前にシフトを決めなければいけないんですけど、テスト前は前もってわかるし、直前には休むこともできるので満足してます。やっぱり時給が高くても働けなきゃ意味がないですよね。

シフトは自由。短期バイトはコチラ
[北海道] [東北] [関東] [甲信越・北陸] [東海] [関西] [中国・四国] [九州・沖縄]

編集後記
今回の特集いかがでしたでしょうか? いろいろなたくさんのバイトがあります。そのなかで“ココだ!!”というバイト先に出会うのはなかなか難しいのかもしれません。でも、そんな失敗も、すこしのテクニックで簡単に“運命”とは言わないまでも、満足の行くバイト先が見つかる。ということがわかりました。自分で簡単にできるバイト選びのテクニック。みなさんも試してみてくださいね。

あなたの評価が企画を生みます この特集は、どうでした? 感想や意見、企画案なども受付中です。


<<アルバイト情報サイト「anエリア」へ
ページ上部へ▲
関東 東海 関西 関東 東海 関西 関東 東海 関西 関東 東海 関西 関東 東海 関西 関東 東海 関西 関東 東海 関西 関東 東海 関西 関東 東海 関西 関東 東海 関西 関東 東海 関西 関東 東海 関西