バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>ウェディングバイトでちょこっと幸せ体験!

喜びの笑顔に囲まれて働ける!
ウェディングバイトでちょこっと幸せ体験!
もうすぐジューンブライド。この時期、結婚式関係のアルバイトの検索数も多くなるのは知っていましたか?
そこで今回は、人生最大のイベント“ウェディング”にかかわる仕事でしか体験できない感動と喜びを取材してきました。
いつもと違う“笑顔”や“ありがとう”などのちょこっとな幸せが体験できて、一生に一度の思い出が何回も味わえるという仕事を紹介します!


(取材・文:ウーゴ・イヤス 編集部:メガネ 制作日:2007/5/28) 

ちょこっと幸せ1 特別な空間でお仕事ができる!
橋本 愛里さん(18)専門学生
(新浦安アートグレイス・
ウェディングコースト勤務)
株式会社ファインスタッフ
 
この仕事を始めたきっかけは、高時給だったからなんです(笑)。
でもやりはじめたら、お金よりもウェディングの魅力にはまってしまいました。
私たちの仕事は、結婚式という人生最大のイベントをサポートするもの。準備から披露宴での接客・配膳、片付けまで、こなします。

準備のときにすべてのテーブルをチェック。グラスなどを磨いておきます。披露宴では、1つのテーブルを3人で担当し、ドリンク、お料理の配膳を行います。ドリンクのオーダーなどゲストの方のご要望があればすぐに動けるよう、担当テーブルには常に目を配ります。

披露宴が終わると、あとは片づけと次の披露宴のスタンバイ。
チャペルでの挙式、披露宴のオシャレした人達や豪華なお料理。
ふだんあまり見ることがない結婚式という非日常的な空間で、私たちはお仕事をしています。そんな特別な空間でお仕事できるのは、他のお仕事と比べて少し優越感がありますよ(笑)。

最初、ブライダルのバイトについては「チャペルの挙式に豪華なお料理。ドレスは華やかでいいなぁ」くらいで、仕事内容とは関係ないイメージしかありませんでした。働くイメージも以前ホールのバイトをやっていたので、“何とかなるかな”くらいでしたね。
ちょこっと幸せ2 他のバイトでは味わえない体験ができる
実際に働いてみると結婚式は、新郎新婦や関係者の方たちにとって一生に1度の大イベント。ということに気付かされました。
はじめたばかりの頃は、会場にいるだけで緊張の連続で、場の雰囲気に慣れるのに必死でした(笑)。

ゲストの方も、会社のエライ人や遠いところから来られた親戚の方、小さなお子さんなどさまざま。
ですので接客するときは、その人に合わせて違った気の配り方をしていくことが必要でした。
以前のバイトでは経験のないことばかり。その分大変でしたが、豪華な料理を運び、ドレスや燕尾服など着飾った方々を接客するというのは、他のバイトでは味わうことができない体験。
仕事から得られる満足度は全然違いますね!
ちょこっと幸せ3 お客様のキラキラした笑顔から元気がもらえる!
仕事にも慣れてきたころだったですかね、自分自身の変化に気がついたことがありました。
ゲストの方々と接していて、自然な笑顔を出せていることでした。
それまでは“笑顔を作らなきゃ”といつも思いながら笑っていました。
自然と笑顔を出せるようになったのは、結婚式では新郎新婦、ゲストの方もみな、目がキラキラしていて最高に素敵な笑顔をしていたからだったんです。お客様のキラキラ笑顔につられるように、私も笑顔になっていたんですね。
幸せをお手伝いする仕事をしていると、少しでもお客様に喜んでいただけるように頑張ろうと、元気が湧いてきます。

ブライダルバイトの素晴らしさを実感するようになってから、こんな素敵な雰囲気の職場で働きたいと思うようになりました。
もとは美容師の専門学校に通っているときに、たまたま見つけたバイト。今ではブライダルの美容関係の仕事に就けるよう猛勉強しているところです。
ちょこっと幸せ4 感動的なスピーチが聞ける
最近の出来事ですと、ある披露宴で新婦さんのご友人代表の方のスピーチにすごく感動しました。

スピーチは、新婦さんと自分の出会ったころの思い出、学校を卒業してからも連絡を取り合う強い絆、お互いを思いあえる友情を、最後に「今までいろいろありがとうね。これからもずっと親友だよ」という言葉を添えて送られていました。

ご友人代表の方の素敵なスピーチを聞かせていただいて、私も自分の友人のことを思い浮かべ、“こんな友情関係が作れたら幸せだな”とこころが暖かくなりましたね。
ちょこっと幸せ5 大事な思い出の一部になれる!
1日主役として笑ったり泣いたりと、幸せ疲れするほど大忙しの新郎新婦やご両親の方々。
クタクタな状態にも関わらず披露宴が終わった後、私たちスタッフに「みなさんのおかげで、素敵な結婚式になりました。本当にありがとうございました」と丁寧なお礼の言葉をいただくことがあります。
一緒に記念写真を撮らせてもらうこともありますね。
お客様にとって結婚式の写真は、大事な思い出の一枚。
ふだんは裏方として結婚式のサポートをしている私たちが、
新郎新婦と一緒に写真の中に残れることは、すごく幸せなことだと思います。
新郎新婦やお客様から喜んでいただき感謝していただけると、お仕事のやりがいを感じます。
“影のエンターティナー”そんな感じでしょうか? 人生に1度の記念すべきイベントを最高のものにするために、できうること以上のことをさせていただきたいと思っています。このバイトは、そんな体験ができる仕事を探している人には、ぜひオススメですね。
他にもこんなちょっぴり幸せ感動体験!
ご両親が最後の手紙を新郎新婦に読むとき!
新郎新婦の半生をまとめたVTRを見たとき。
アンケートに名指しで「○○さん、今日はありがとう!」と
自分の名前を書いていただいたとき。
新郎新婦のお客様から一緒に撮った写真とお手紙を
いただいたとき!

結婚式案件
[北海道] [東北] [関東] [甲信越・北陸] [東海] [関西] [中国・四国] [九州・沖縄]

編集後記
今回の取材で、新婦さんのウェディング姿も見ることができ感動しました。あっ! ココにもちょっぴり幸せ体験がありましたね。アルバイトをするならめったに体験できない仕事をするっていうのも良いものですよね。この特集でそれを再認識しました。華やかで、笑顔に溢れてて“幸せ”に触れられる。なかなかない仕事です。

あなたの評価が企画を生みます この特集は、どうでした? 感想や意見、企画案なども受付中です。


<<アルバイト情報サイト「anエリア」へ
ページ上部へ▲