バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>パートから正社員へ★ママの転身ストーリー

やりがい求めてチャレンジ!パートから正社員へ★ママの転身ストーリー
結婚して家事・育児にいそしむ日々。子供から手が離れたら空いた時間でパートを始めて…でも独身時代のようにバリバリ働くのは夢のまた夢?自分を高めるチャンスってもうないのかしらと思っている方、それは間違いです。周りの環境に左右される主婦で上手にキャリアUPした方をご紹介します♪

(取材・文:馬渕ともこ 編集部:しずかねぇ 制作日:2008/1/15)
働く楽しさを再確認できたパート初期の私の気持ち

お名前;島村久美子さん(43才)
家族構成:ご主人 長男、次男、三男
3人のお子さんのママ。子どもが小さいうちは子育てに専念してました。


20才で結婚 専業主婦へ社会との接点が減り不安を感じて
 独身時代は化粧品の販売の仕事をしていました。いろいろな人と出会えるのが楽しくて、やりがいもありましたね。20才のときに結婚のため退職。その後、長男を出産してからは、仕事をしようとは思いませんでした。小さいうちは子どものそばにいて、子育てしたかったからです。長男が6才ぐらいのとき、社会との接点がない自分を意識するようになりました。その頃、長男に「お友だちのママは働いているけどママはお家にずっといるの?」と言われたのです。気がつけば周りのママ友だちの多くが働きに出ており、それなら私も…と考え始めた矢先、タイミングよく友人から生保会社のパート面接に行かないかと誘われました。
子育てが一段落し、生保レディに働く楽しさや充実感を思い出しました

 久しぶりに働いたのは、生命保険会社の営業(生保レディ)です。ダメだったら辞めればいいという軽い気持ちでした。9時15分から16時までの勤務で家事との両立もOK。お客さまが企業のため、会社の昼休み中心の営業だから時間に融通がきき、子どもたちの学校行事にも参加できました。社内の資格試験が給与に反映するし、やればやるほど自分に返ってくる日々はやりがいがありましたね。仕事がチーム制なので、みんなでやりとげる達成感もありました。ところがパート6年目のとき主人が大病をし、やむを得ず退社することになったのです。


給与面の安定を求めてオフィスワークへ転職急な休みも信頼関係を築くことで解決

 生保レディは出来高制なので、月によって給料が変動していました。そのためお給料が安定するオフィスワークを探しました。そして見つけたのがレンタル関連会社の営業事務。パソコンワークが最初不安でしたが、習うより慣れろ、の精神でチャレンジ。ほどなくブラインドタッチもできるほど上達しましたよ。子どもとの時間は積極的に持つようにしてコミュンケーション不足にならないよう気をつけました。家庭の事情でどうしても仕事を休むこともありましたが、直接の上司ときちんと話し合うことで解決。かえって信頼関係が生まれたと思います。

パートを始めてからのタイムスケジュール 6:00 起床 食事・洗濯など朝に一気に片付け 8:00 子どもたちを学校へ送り出す 8:30 自分の用意スタート 会社へ 9:15会社へ到着 生保レディとして外勤の毎日。仕事の空き時間を利用して子どもの学校行事へ顔を出すことも 16:00 帰宅 18:00 家族で夕飯 家族団らん、コミュニケーションタイム 22:00 次の日の準備や掃除などをしつつ就寝


ん?なんだろこの気持ち…少しずつ変化してきた仕事への意欲

正社員との間にある見えないカベパートと社員との違いに疑問が生まれて・・・
  仕事にも慣れたころ、パートが1人辞めたことで9時から18時のフルタイム勤務に変更に。同時に「正社員と同じ時間働いているのに、社員とパートはどこか違うなあ」という漠然とした疑問が生まれました。仕事内容は同じ。信頼関係もある。でも「パートだから」という、見えないカベがある感じがするのです。重要な会議への参加や連絡事項などに参加できないのも不便に感じました。だから「ここを改善したい」と思ったことでも「所詮はパートだし…」と、今ひとつ、積極的になれないのです。勤めるうちに、そんな思いがどんどん大きくなりました。

45才がリミット!?
「正社員は45才がリミット」と友人に聞き、同じ仕事内容、シフトで働くなら正社員を目指したほうがいいのでは?と思うように。子どもに手がかからなくなったことで、自分の時間が増え、正社員として働く意識がより強くなりました。
対等でいたい!
「パートだから」という遠慮が働いて、社員さんから意見を求められたり、自分から意見を言うことも少ない。社員と同じように一生懸命仕事をしている、という実感がほしくて…。
どうせ同じ時間働くなら!
長年勤めていると、社員と仕事の内容は同じになってきます。残業こそありませんが、基本的な労働時間は同じ。でも、雇用形態が“パート”と“社員”というだけで、給料や待遇面がかなり違うのに疑問&不満を感じることが増えてきました。少しでも多く稼ぎたい…というのが本音。


正社員を目指し、パートを辞めることを決意上司に相談すると、正社員への話へと発展
 40才を過ぎたころ、自分のキャリアプランを真剣に考えるようになりました。「正社員になるなら45才がリミット」というのも気になったし、独身時代に好きだった販売職をまたやってみたいなという思いもありました。この先もずっと働きたいし、それならパートより正社員を目指して新たなチャレンジをしようと決意しました。上司に、その決心を伝えたところ「うちの会社で正社員になってみないか」という話に。少し迷いましたが、長年勤めていたし、会社は家の事情なども理解してくれているので、思い切って正社員になる決心をしました。


パートから正社員の道を歩き出して

経済的な安定とやりがいアップ!正社員としての自覚が芽生えて・・・
 不思議なもので、仕事内容は変わらないのに責任感も増して、パート時代より仕事に積極的に取り組むようになり、やりがいも大きくなりました。今までは参加しなかった会議にも参加できるようになり、意見を求められたり意見を言ったりできるのが新鮮だし、充実感もアップしました。子どもが3人いるので、まだまだお金がかかります。正社員になったことで経済的にも精神的にも安定できたのは、大きいですね。昔、経済力がなかった自分に悔しい思いをし、子どもたちにも我慢をさせた経験があるので、今の自分にとても満足しています。

仕事を通して心のゆとりが生まれ一人の時間を楽しむ余裕もできました

 正社員になって2年が過ぎましたが、子どもたちも手が離れたこともあって、最近は、時間的にも経済的にもゆとりが持てるようになりました。以前はパートして、家事やって、と時間にいつも追われていた気がします(笑)。それに仕事の楽しさややりがいが増したことで、精神的にもプラスに作用して、余裕を持って行動できるようになったと思います。オンとオフの切り替えが上手にできるようになり、帰宅してからは一人の時間が楽しめるようになりましたね。本を読むのが好きなので、本を読んだり音楽を聴いたりしてリラックスしています。

ここに注目!パート時代と比べて正社員になってよかった点

やっぱり嬉しいお給料UP

 お給料が上がり、かつ安定したことで経済的にメリットいっぱい。貯金額が増えることはもちろん、たまにする贅沢も次への活力です。

精神面での安定・余裕GET

 経済的に安定したことで精神面でもゆとりが生まれたのは、家族もよかった様子。金銭面で余裕が出てくるとやっぱり安心感はありますよね。

積極的に動けて仕事を満喫

 仕事への責任感が生まれると同時に、やりがいが増しました。パート時代より、いろいろな面で積極的に取り組めるようになったので楽しいです。

コミュニケーション力UPを実感

 なんとなく「蚊帳の外」という感じだったパート時代。社員さんやお客さんとのコミュニケーションも良くなり、自分に自信がつきました。

子どもたちにとっての人生の先輩としてアドバイス

 成長した子どもたちは、社会の入り口にいます。そんな子どもたちに、人生の先輩としてゆとりを持ってアドバイスしてあげられるようになりました。

パートから正社員になってからのタイムスケジュール 6:00起床 食事・洗濯など パート時代と同じ感じで片付け 8:05会社へ出発 朝は学生やサラリーマンで混雑するため、少し早めに出勤 9:00お仕事開始 お客様からの問い合わせ対応や書類作成などを主に担当。 18:00退社  帰り道にスーパーへ寄り夕飯の買出しなどへ19:00帰宅 夕飯の支度や家の掃除などを手際よくこなす 20:00 読書や音楽鑑賞 下の子が高校を卒業してからは自分の時間がとれるように。 ここでエネルギーをチャージ 子どもの人生相談でついつい盛り上がってしまったり、本を読みふけってしまったり。自分の時間が今は大切にできる環境 24:00就寝


今後の目標

 主人や女友だちと旅行したくて、貯金を始めたところです。好きな音楽のコンサートにも行きたいですね。それから、子どもたちは独立し始めたところですが、いつでもゆっくりと話を聞いてあげられる素敵な母親でい続けたいと思っています。仕事は、もちろん今後もずっと続けていきたいです。でもいつか、販売職に再チャレンジしたいなという気持ちも、実はちょっぴりあったりします。常に前向きに取り組む姿勢を忘れないように日々、過ごしていきたいです。
パートから正社員を目指して働こう!
家事との両立も考えて…時間曜日相談OKのオフィスワーク情報
久しぶりのパートでも安心スタート研修制度ありの職場情報

長く働き続けたい!正社員登用ありの求人情報

会社の制度も気になる…社会保険完備のお仕事情報


編集後記
 パートだから…、正社員だから…、そんなことは関係なく“仕事”への気持ちはいつだって真剣ですよね。周りの環境によってフルタイムで働くことが今は無理でも、いつかそんなチャンスが来るかもしれません。その時は迷わずに、キャリアUPの道を選んでほしいなと思います。仕事を通して、自分の人生が豊かになるきっかけが転がっているかもしれませんよ。

アンケート

<<アルバイト情報サイト「anエリア」へ
ページ上部へ▲