バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>教えます!“パート反対パパ”の説得法

“隣の奥さんはやってないだろ”“家事がおろそかになるからイヤ”教えます!“パート反対パパ”の説得法
 「自分のお小遣いが欲しい」「家計が苦しくて…」などなどの理由からパートしたいと思っているのに、パパに反対されてできないでいる主婦の方いらっしゃいませんか? パパの反対理由は大きく3つにわかれるようです。そこで今回はそれぞれの反対理由を説得する方法を専門家にアドバイスをもらってきました!しかも、パパを説得させた実際の奥様のセリフ付き♪ れを参考にみなさんも説得してみてはいかがです?
(ライター:馬渕ともこ イラスト:椙浦 由宇 監修:石田 晃子  編集部:メガネ 制作日:2009/2/23)

あなたもこんな理由で“パパ”から反対されていませんか?
「同僚の妻がみな専業主婦だから」「食事の用意はどうするの?」「異性との交友が深まる」「妻は家を守るのが仕事!」「パート先でいい男を見つける気がするからダメ」「義父義母に知られたらなさけない!」「稼いだお金で遊ぶんじゃないか?」「世間体が悪いからダメ」「家事と仕事の両立はできないだろう」「パートしてるのを会社の人に見られたら金がないと思われて恥ずかしい」「一緒にすごす時間が減る」「家にいて、子供の世話をちゃんとして欲しい」

プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー:石田 晃子さん

営業経験23年の実績と、営業マン育成や女性社員教育を経験。現在はキャリア・カウンセラーとして活躍中。
主婦向けの再就職支援セミナーや企業向け研修の講師も務める。
“家事・育児”が反対理由のパパを説得する方法はコレ!!
「食事の用意はどうするの?」「妻は家を守るのが仕事!」「家にいて、子供の世話をちゃんとして欲しい」「家事と仕事の両立はできないだろう」
★ポイント:家事との両立を示して説得 :1日のタイムスケジュールを作るなど、家事・育児と両立できることを具体的に説明

直接的に「家事をやりたくない」というパパさんは少ないです。自分の負担が増えることを危惧する古いタイプの人ですね。こういうパパさんはマイナスのイメージばかり頭に浮かんで、ほかのイメージができなくなっているんですね。だからこの場合、口で説明するより、実際の1日のタイムスケジュールを作って具体的に説明して両立ができることを伝えるのがベスト。また育児面で心配しているパパさんには、奥様が働くことで子どもの自立心が芽生えたり、働く両親への感謝が生まれたりするなど、メリット部分を伝えられるといいですね。

 「子どもの世話をちゃんとして欲しい」
と反対したパパを説得した私の方法

 育児が理由で反対されました。説得できるよう両立できるスケジュールの準備をし、働きたい自分の気持ちをきちんと訴えました。“両親が働くことで子どもは、お金を稼ぐ大変さを知り成長するはず”の一言に主人も納得してくれました。
(P.N.ろみさん 38歳 主婦歴15年)

「家事がおろそかになる」と反対したパパを説得した私の方法

 「家事をした後、時間に余裕があるので、少しでも働きたい。時間を有効活用して生活費の負担を少しでも軽くしたい」と言って、家事と仕事を両立できることを前面に押し出して説明しました。そのとき、給料が安いからなど相手を非難するような言葉は言わないようにしました。
(P.N.こぱんださん 主婦歴3年)

“周囲の目”が反対理由のパパを説得する方法はコレ!!
「同僚の妻がみな専業主婦だから」「義父義母に知られたらなさけない!」「パートしてるのを会社の人に見られたら金がないと思われて恥ずかしい」「世間体が悪いからダメ」
★ポイント:具体的な今後の人生に必要な金額を提示:これからかかるであろう支出を数字で用意。より具体的な人生設計を示す

男性は口で言われてもイメージができない人が多いので、将来、教育資金にいくらかかる、病気や親戚への祝儀代…など、先々の支出を数字でまとめて示すのがポイントです。また、こういうパパさんはプライドが高い人なので、現状の生活に満足しているけど、自分もがんばればもっと良くなる…と“2人のために働く”というスタンスで説得するのもおすすめ。ですから“自分のステップアップのため”などという自分勝手な理由はNGですよ。

「同僚の奥さんはみんな専業主婦だから」と反対したパパを説得した私の方法

 将来に必要なお金以外に、急な出費が発生したときに使えるお金があると助かるじゃないと言いました。けして夫を下げず、今後の出費にいくらかかるかを数字にして、余裕があったほうがいいじゃないという感じで深刻にではなく軽く言ったのが良かったんだと思います。
(P.N.さとみ 32歳 主婦歴3年)

「世間体が悪いから」と反対したパパを説得した私の方法

 将来、子供が生まれたときのために貯蓄しておきたいからと説得しました。恥ずかしさよりも子供に苦労はさせたくないという気持ちが伝わったのだと思います。パソコンでデータを集めて今後の費用をまとめてみたのですが、意外にかかるので夫も真剣に聞いてくれました。
(P.N.トモコン 24歳 主婦歴1年)

“ヤキモチ”が反対理由のパパを説得する方法はコレ!!
「パート先でいい男を見つける気がするからダメ」「一緒にすごす時間が減る」「稼いだお金で遊ぶんじゃないか?」「異性との交友が深まる」
★ポイント:働くのはアナタのためと説得:パパのためという姿勢をアピール。2人のためのお金を稼ぐことを伝える

ヤキモチから、妻が働くことに反対するパパさんは少なくありません。“好き”などと最近言わなくなったのに、ヤキモチだけはやくパパさんはいるんです。これはもう、徹底的にパパさんを持ち上げるのみ。パパさん、もしくは家族が一番大切だということを上手に伝えましょう。「一緒に旅行をしたいから」など、パパさんにとってプラスになる理由で説得するのもいいですね。

「家にいてほしい!」と反対したパパを説得した私の方法

 ヤキモチだなんてビックリしましたが、自分磨きのために少しだけ働きたい、と説明しました。「ずっときれいでいたいから」とか、「2人でまたラブラブ旅行したい」など、“主人のために働きたいモード”で説得に成功しました!
(P.N.あーり 42歳 主婦歴11年)

「職場の男性が気になる」と反対したパパを説得した私の方法

 身内が多く、お祝い等で出費がかさむため働きたかったのですが、夫がヤキモチをやいて反対。そこで“身内にお小遣いをあげる”や“両親を旅行に連れていく”、こんなことできたらあなたの株がもっと上がるのに…」と言って納得させましたよ。
(P.N.あやちゃ~さん 30歳 主婦歴2年)

編集後記

 みなさんのなかにもパパさんが反対している方がいらっしゃるかと思います。今回の特集を頭の片隅にでも置きつつ、パパさんを説得してみていただけるとうれしいです。

アンケート