バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>条件あるある♪主婦業と両立可能な福祉・介護のお仕事

短時間勤務OK、未経験者歓迎…etc.条件あるある♪主婦業と両立可能な“福祉・介護”のお仕事

 高齢化社会の日本。“福祉・介護”のパートに興味をもっている主婦の方、いませんか? でも、「資格がない初心者は働けないでしょ?」「家のことがあるから、短時間勤務がいいけどないわよね」などの理由で家事と福祉・介護の仕事の両立ができないと思っていませんか? そこで今回は、専門家に、家事と両立できる条件の福祉・介護の仕事を聞いてきました! 福祉・介護の仕事を家事とうまく両立して働いている主婦の体験談も紹介します!


(ライター:KAWAKAMI  編集部:メガネ 制作日:2009/4/20)
こんな理由で両立できないと思っていませんか?
・子供がいない4、5時間だけ働けるところがない ・家のこともあって、週5勤務はムリ ・仕事は大変だろうけど自分にできるかな ・資格がないと働けない ・社会人経験がない。または仕事のブランクがある

 “福祉・介護”の仕事にもある!家事と仕事の両立を可能にさせる条件!
・短時間勤務OK ・働く曜日時間が選べる“シフト制” ・難易度の低い業務からスタート ・未経験OK ・家事が活かせる
私がアドバイスします! 家事と両立できる“福祉・介護”の仕事先
宮下 公美子さん
宮下 公美子さん
    社会福祉士の資格を活かして活躍中のフリーライター。
    育児支援のボランティアや介護保険の認定調査員など、福祉に関するさまざまな仕事を経験。介護保険関係の相談業務や、講演活動も行っている。
デイサービス:短時間勤務OK・家事が活かせる・昼過ぎから夕方までに終わる仕事が多い老人ホーム:シフト制・未経験OK・難易度の低い業務もあり障害者福祉施設:短時間勤務OK・未経験OK・家事が活かせる
   福祉・介護の仕事を始めたいと考えている主婦の方々は、家事との両立や仕事のブランクなどから躊躇していることと思います。けれど、「デイサービス事業所」「老人ホーム」「障害者施設」これらの仕事を選べば、比較的スムーズに仕事を始めることができるでしょう。
 デイサービス事業所や老人ホームなどには、入浴やトイレのお手伝いをする仕事だけでなく、料理や洗濯、お掃除など、体に触れない援助を行う仕事もあります。こうした仕事は無資格でもチャレンジできますし、短時間から働け、得意な家事を活かせるので初心者でも取り組みやすいでしょう。特にデイサービス事業所は、高齢者が日中だけ滞在して過ごす施設なので、夕方までに終わる業務がほとんど。週に2~3日から働ける事業所もあり、家事と両立したいし、専業主婦な私にできるのかしらと思っている方にはうれしいところです。
実際にはたらく人の声をお届け!「短時間OKの老人ホームで、育児と両立して働いています!」

鎌田敦子さん(39歳)
スタッフ歴:2年
【特別養護老人ホーム 長沢壮寿の里】神奈川県川崎市多摩区長沢2-11-1
子育てとの両立は難しいと思っていました。でも短時間のお仕事があったんです
 もともとマザー・テレサに憧れがあって、福祉の仕事を始めたいと思ったんです。だけど当時7歳と5歳の子がいたから、子供の面倒が見られなくなるんじゃないかと二の足を踏んでいました。そんなとき、この老人ホームで10時から16時までの仕事があると聞いたんです。この時間帯なら子どもの送り迎えができると考え、始めてみることにしました。
 ここには私以外にも多くの主婦が働いていて、午前中に洗濯を2時間だけとか、夕食の時間帯だけ働くとか、短い時間で働いている人もたくさんいました。ただ就労時間が短すぎると子どもを保育園に入れるのが難しくなるので、小さな子供がいる私は、10時から16時の時間帯がベストでしたね。
鎌田さんのある1日のシフト
睡眠:~6時-家事:6時~10時-        お仕事:10時~16時-家事:15時~21時-睡眠:22時~
介護を一生の仕事にできるよう、資格取得を目指しています!
  私が担当する主な仕事は、老人ホームでの入居者の介護。入浴をお手伝いしたり、排泄を介助したりします。ヘルパーの資格がなくてもできる仕事ですが、入居者の方がケガをしたり、薬を飲む時間を間違えたりしないよう、気配りが大切です。アクシデントに見舞われることなく、入居者の方々が平穏な1日を過ごすのを見守るとき、「今日も無事なにごともなく終われたな」と、この仕事のやりがいを感じますね。
 無資格でもこの仕事はできるけれど、ヘルパー2級の資格を取れば、任せてもらえる仕事の幅が広がります。短時間での仕事からこの仕事を始めた私ですが、大きなやりがいを感じるようになった今、ケアマネージャーの資格取得を目指しています。ケアマネージャーは介護の方の相談にのるのが主な仕事のひとつなので、資格を取れば、体力が厳しくなる50、60歳になっても福祉・介護の仕事ができるんです。取得には実務経験が必要で、試験もあるのでちょっと難しいけれど、資格を取って介護・福祉を一生の仕事にしていけるよう、がんばっていきたいです。

さあ、あなたも“医療・福祉・介護”のお仕事してみませんか?
北海道   東北   関東   甲信越・北陸   東海   関西   中国・四国   九州・沖縄
編集後記

  今回【特別養護老人ホーム 長沢壮寿の里】に取材でお邪魔させていただいたのですが、働いているスタッフのみなさんがみんなほがらかでやさしい方ばかりでした。やりがいをお聞きしたときの「1日なにごともなく無事に終わること」ということには、大きな母の愛を感じました。高齢化社会を考えれば今からこのお仕事を経験することは大事なことかもしれません。

アンケート