バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>稼いで学んで家庭両立も叶う!保険営業の魅力

主婦の正職員採用あり、資格取得もできる…etc.
稼いで学んで家庭両立も叶う!保険営業の魅力
 正社員で働きたいけど、なかなか自分の希望にあった職場が見つからない。そうお悩みの主婦の方、「保険営業」のお仕事は検討されましたか。実は、働く主婦にとってうれしいメリットが充実している仕事なんです。今回、3人のお子さんをもちながら、保険営業で家庭両立して働く主婦の方に、働きながら得られるメリットについてお話を伺いました。保険営業の仕事の魅力を余すことなくご紹介します!

【取材・文:CHIKA 撮影:浦田 晋 編集部:しずかねぇ 制作日:2010/3/8】


こんな思いを叶えてくれる!保険営業のお仕事
・フルタイムで働きたいけど残業が多くない仕事がいい ・長く働けて自分が成長できるような仕事をしたい ・不況でも主婦を歓迎して雇ってくれる会社がいい
・主婦もきちんと仕事で評価してくれる企業で働きたい ・同じような主婦が活躍している職場がいい

 フルタイムでしっかり働きながら、主婦の仕事も全うしたい。保険営業の仕事なら、そんな願いが叶います。主婦ならではの感性を活かし、活躍している人は数多いもの。そのため、さまざまな保険会社が、主婦でも働きやすい職場作りに努めているんです。資格取得を支援してくれる企業もあり、やりがいある仕事を長く続けたい人にイチオシの職種です。

快適ワークライフ実現中♪理想の働き方を叶えた保険営業の主婦に直撃!
竹川 多加子さん
竹川 多加子さん(38才) 小学3年と5年、中学2年のお子さんをもつママ。
未経験から保険営業を始めて、現在3年目。仕事と家事を両立でき、働きやすさを実感してます
 もともと夫と私が保険に加入していて、保険営業の方と話す機会があったんです。そのときに「あなたも保険営業をやってみては?」と勧められたのが、仕事を始めたきっかけですね。以前夫が病気で入院したとき、保険に助けられました。そのこともあって、保険の仕事には興味があったんです。ちょうど身近に保険営業の仕事をしている友人がいたので話を聞いてみると、主婦でもしっかり稼げて家事とも両立できるとのこと。そこで、思い切ってチャレンジしてみることにしました。
子育てしながら少しでも多く稼げる働き方を選択
 子どもの将来の学費を稼ぎたいという思いもあり、働くならパートではなく、少しでも多く稼げる働き方をしたいと考えていたんです。 だから主婦でも正職員(※)採用してもらえるという点が決め手となり、保険営業の求人に応募しました。パートだと、どうしても稼げる金額に限りがありますから。毎月安定した収入を得られる正職員として働けるのは、3人の子どもをもつ私にとって大きな魅力でした。もちろん社会保険もあるので、保障がしっかりしているという安心感もありましたね。
(※)明治安田生命保険相互会社では「正職員」としての採用を行なっております。


未経験からでも研修制度があるから安心

 保険営業というと、難しい専門知識が必要そうなイメージがありますよね。私はまったくの未経験だったので、当初は「ちゃんと知識を身につけられるかな」「人前でちゃんと話せるかな」と不安でした。だけど保険会社の研修がしっかりしていたので、無理なく知識を身につけられましたよ。研修を通して、実際にお客さまと会話することもできました。人前で話すのが苦手だった私も、研修が終わる頃には、お客さまと会うのが楽しみになるぐらい成長できました。

入社から独り立ちするまで初めても安心でした!
入社 1ヵ月

支社での研修期間。保険の基礎知識について指導を受ける。4人程度の少人数でしっかり丁寧に教えてもらえ、保険の種類や保障内容について学ぶことができた。


入社 2ヵ月

研修センターにて研修。教育係の主任に同行してもらい、既存のお客さまのお宅へ訪問。新しい商品の提案を手伝い、実践で学んでいく。


入社 3ヵ月目

正式に保険営業としての仕事スタート。はじめは新人担当の主任に同行し、経験を積んでから単独での営業活動に入る。

勤務時間調整がしやすく、子どものお迎えもOK!

 1日のスケジュールを自分でしっかり組み立て、残業はなるべくしないように努めています。お客さまの家を訪問して保険プランを案内した後で、営業所に帰所し、報告してから帰宅します。17時半ごろには終えるようにし、子どもたちを学童保育に迎えに行っています。土日にしっかり休みを取れるのもありがたいですね。PTAの役員を引き受けることもでき、他の保護者との関係も良好。休日は子どもが参加している野球チームの試合を見に行け、仕事と家庭を両立できています。

子どもがいる主婦が多く、理解がある職場環境

 同じ職場で働いているマネジャーや同僚にも主婦が多く、帰宅しにくい雰囲気もありません。逆に「そろそろ子どものお迎えの時間じゃない?」と気を使ってもらえたりもするんですよ。子育てが終わった先輩主婦の方にはアドバイスをもらうこともありますし、同い年くらいの子どもをもつ主婦同士、悩み相談をしたり、心強い味方が職場にたくさんいます! また、子どもが急な病気になったときも、半日休暇、キッズサポート休暇、看護休暇制度があり、有給休暇を取れるので安心です。

1日のスケジュール 家庭両立ばっちり!
5:30-起床。家族の朝食とお弁当作り 9:30-出社。朝のミーティング 11:00-会社訪問。新規顧客発掘・既存顧客フォロー アンケート取りやプラン提案などを行なう。 14:00-社に戻り昼食 15:00-電話アポイント・会社訪問 17:30-終業 19:00-学童保育の子どもたちのお迎え 20:00-夕食。子どもたちの宿題を見たり、コミュニケーション時間 0:00-就寝
保険プランの案内に、主婦としての感性が活かせる!

 この仕事を始めてみると、保険営業には主婦の感性が大きく活かせることに気づきました。個人のお客さまは、子どもの将来の学費や、家計について不安をもっている方が多いんです。そういう方に、「将来これぐらいの学費がかかりますから、こんなプランはいかがですか」と、親身になって保険プランを提案すると、とても喜んでもらえます。「あなたのおかげで将来の安心が得られた」と言ってもらえることもあり、人の役に立てることの喜びを実感しています。

働いている様子
まずはお客さまの声に耳を傾けること。会話の中で新しい気づきや発見が毎回あるんです
資格取得で仕事の幅をもっと広げていきたい

 現在は、FP(ファイナンシャルプランナー)2級の資格取得を目指しています。この資格を取れば、家計や将来設計についてより多くのことをお客さまにご案内できます。仕事の幅が広がり、昇給にもつなげられるのでがんばり甲斐があります! 資格取得や昇給といった目標を掲げて働けるので、毎日が充実しているんです。主婦業をしているだけでは感じられなかった、仕事のやりがいや人と接することの喜びを、この仕事を通して得ることができました。少しずつですがスキルを向上させ、自分自身、どれくらい成長できるかを楽しみにしています!

【取材協力】明治安田生命保険相互会社 丸の内支社 赤坂営業部
東京都中央区銀座1-10-6 銀座ファーストビル7F

未経験歓迎!保険業界のおしごと情報
※2010年3月8日現在の情報です。<採-09-3161(10.02)丸の内>
※制作物に関わる著作権その他の知的財産権のほか一切の権利は株式会社インテリジェンスに帰属するものとします。
編集後記
 保険業界は働く既婚女性が多い、というイメージはなんとなくあったものの、今回、取材させていただいて、それがなぜなのか納得がいきました!
お子さんを抱える主婦にとって仕事選びの基準となる勤務時間の融通や、気兼ねなく働ける環境がこんなにも整っている業界はそう多くないですよね。
 ノルマや目標もあって大変なんでしょ?と、敬遠してしまう職種かもしれませんが、それはどの仕事においても同じこと。これから自分のキャリアも考えた上で働きたい!と思っている、バイタリティのある方にはぴったりのお仕事だと思います。今回の取材記事を参考にぜひ、検討してみてくださいね。
アンケート