バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>働いて実感★不安は解消できる!販売職デビュー体験談

専門知識がないけど…、人見知りだけど…etc. 
働いて実感★不安は解消できる!販売職デビュー体験談

 大好きなSHOPで働きたい! 高時給だから働きたい!…そんな気持ちで販売職に興味をもっている人多いですよね。でも、未経験で専門知識がないし、大きな声を出すのが恥ずかしい…といろいろ不安を感じ、立ち止まっているアナタ! そんなあなたと同じように不安をもっていたけれど、現在販売職で活躍されている先輩に、働きながらどうやって不安を解消していったのかお話を聞いてきました☆

(取材・文:CHIKA 構成:ちゃりこ 撮影:ヨコマキミヨ 更新日:2010/6/14)

みんなどんな不安を抱いていたの? 先輩にアンケートを調査★
■知識・スキル 28% ■人見知り・恥ずかしがり 26% ■商品の勧め方 20% ■大きな声で接客 16% ■ノルマ達成 8% ■その他 2%
コメント

一番多かったのは、店に立ってお客様と接することに関する不安。知識がない、人と話すのが苦手、勧める自信がない…そんな声が多くありました。その他には、「レジをうまく扱えるのか心配」「商品の包装に自信がない」「体力的に不安」などの声もありました。

結果…「性格的な不安」と「スキルがない不安」を抱いている人が多いことがわかりました!
あなたはどっちの不安がある?
「専門知識がないけど…」「お客さんに商品をオススメできるかな」スキルがない不安
「人見知りだけど大丈夫?」「大きな声を出すのが恥ずかしい…」性格的な不安
「専門知識がないけど…」「お客さんに商品をオススメできるかな」「スキルがない不安」を抱いていたけど、今では活躍中★長嶋さんに直撃取材
長嶋麻美さん(20)勤務歴:1年 サングラス・アパレル等を扱うお店「Oakley store」で活躍中
「サングラスの専門知識ゼロ! お客様に上手にオススメできるのかな…」

私はもともと洋服や服飾雑貨が大好き。販売職に興味はあったけど、接客スキルをまったくもっていなかったので不安を感じていました 。コンビニでバイトをしたことはあるけど、積極的にお客様に話しかける仕事はまったく経験がなかったんです。「敬語が苦手だから私には向いてないかも」「商品をおすすめするのは難しいんじゃないかな」…そんな風に思っていました。だけど、私の好きなサングラスやおしゃれな小物を扱っているお店がスタッフを募集していると知り、思い切って挑戦することにしました。
  私が働き始めた「OAKLEY STORE」は、スポーツ向けのサングラスやゴルフウェアを扱うお店。レンズだけでも50種類以上あるんです! 「接客にも、商品知識にも自信がない…」お客様の前でなにを話せばいいかわからず、最初は戸惑うばかりでした。

「少しずつ知識を身につけ、場数を踏むうちにいつの間にか自信がついた!」

これではいけないと思い、まずはサングラスなどお店のアイテムに詳しくなることから始めました。カタログを熱心に読んで種類を覚え、先輩の接客を見て、お客様と話すときのマナーも少しずつ覚えていきました。
  身につけた知識をもとに、お客様に「この商品は若い方に人気なんですよ」と話してみたんです。すると先輩に「今の接客、よかったよ」と褒めてもらえました! 先輩が見守ってくれたこともあって、だんだん接客スキルが身についていったんです。そして働き始めて1ヵ月ほどしたある日、お客様に「サングラスだけでなく、ウェアもぜひあなたに選んでほしい」と言ってもらえたんです。「自分の接客が、お客様に評価してもらえた」感動で胸が熱くなりました。いろんな人と接する販売職を始めてみて、本当によかったです!


いろいろ不安があるとは思いますけど、私も働きながら不安を解消できたから大丈夫ですよ。あとは実際にお仕事にチャレンジしてみて、慣れていくことが大事だと思います。だからまずは勇気をもって、一歩を踏み出してみてくださいね!

【取材協力】Oakley storeららぽーと横浜店

「人見知りだけど大丈夫?」「大きな声を出すのが恥ずかしい…」「性格的な不安」 を抱いていたけど、今では活躍中★前島さんに直撃取材
前島知美さん(26)勤務歴:2年半 アパレル販売員として活躍中
「大の人見知り! 初対面のお客様と目をあわせるのが怖い…」

もともと洋服が好きで、アパレル業界に興味がありました。だけど私は大の人見知り…。初対面の人とは目をあわせて話すこともできないので、「販売職は絶対向かない!」と思っていたんです。アルバイトも、人と接することの少ない事務ばかりを選んでいました。
  だけど、やっぱり好きな業界で一度は働いてみたい! という思いがあり、不安ながらも販売バイトに挑戦してみることにしました。
  いざお店に立ってみると、お客様がたくさん来るので、常にドキドキ…。だけど「せっかくチャレンジしたんだから、人見知りを克服しないと!」と奮起。「まずは一瞬だけでもお客様の目を見よう!」「いらっしゃいませの言葉だけでもはっきり言おう!」そんな課題を設けて、できそうなことからひとつずつこなしていきました。

「自分の弱点を正直に話したら、同僚が応援してくれた」

そうして1ヵ月も経つと、「あ、これができるようになった!」「大きな声であいさつできるようになった!」と、少しずつ進歩を感じられるようになったんです。それがうれしくて、もっとがんばろう! と思いました。
  同じ店で働く同僚も、私が「人見知りだからちゃんと接客できるか不安です」と正直に打ち明けると、いろんなアドバイスをくれました。本当に一歩ずつしか進めない私だったけど、みんな「がんばってるね」と声をかけてくれ、本当に励みになりました。
  一緒に働くスタッフの応援やお客様の笑顔に支えられて、今では自信をもって、お客様と接することができるようになったんです。私が選んだ服を着てお客様が再度来店されたとき、お客様の「ありがとう」と言ってくれる笑顔、また大好きな服に囲まれて働く日々に、今はとても幸せを感じて働いています。


不安は自分の中だけで抱えていると、どんどん大きくなっちゃいますよね。でも実際チャレンジしてみて思ったことは、「な~んだ、意外にできちゃった」って感じでした。また、周りの人に不安を打ち明けることも大切。きっとみんな支えてくれるし、励みになりますよ。がんばってくださいね☆

※2010年6月14日現在の情報です。
※制作物に関わる著作権その他の知的財産権のほか一切の権利は株式会社インテリジェンスに帰属するものとします。
編集後記
 お仕事をはじめる前は、「できるのかな」「失敗したらどうしよ」といろいろ不安を感じますよね。でも今回取材でお話を聞き思ったことは、いざやってしまうと、意外にどうにかなっちゃったりするものなんですね。なので、今悩んで一歩踏み出せない方も、まだ起こっていないことに悩まないで、まずは一歩踏み出してみることがスゴく大切なのかな、と思いました☆
アンケート