バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>働いて知った!プロのセンスが身につくアパレル販売員

小物をさし色に…、インナーで印象をかえる…etc.

 おしゃれ大好き!というアナタにオススメなのが「アパレル販売員」。おしゃれな服に囲まれて働けるだけでも楽しいけれど、このお仕事をすると今のあなたのファッションセンスを本物に磨くことができちゃうらしいですよ。アパレル販売のお仕事でプロのセンスを身につけてみませんか。

(取材・文:CHIKA 構成:ちゃりこ 更新日:2010/9/27)


今回取材を受けてくれた方 名前:坂本未緒さん(24)勤務歴:1年半女の子に大人気のセレクトショップ「ROSE BUD 渋谷店」で勤務中
働く前からファッションが大好き!だけど、もっとおしゃれの幅を広げたくて…。

 私はもともとおしゃれが大好き! なかでもカジュアルなファッションが好み。白いシャツや黒のパンツなどモノトーンのアイテムをよく着ていて、「私にはこういうのがあっている」と思っていました。  だけどあるとき、「ROSE BUD」の店頭で柄物のかばんやビビッドな色使いの帽子を見て、「こんなアイテムもコーディネートできるようになったらいいな」って感じたんです。ここでSTAFFとして働けば、もっとおしゃれの幅が広がるかも!? そんな思いから、働いてみることにしました。



ちょっとの小ワザでおしゃれ度UP!先輩たちのセンスに感激☆

 働き始めてまずビックリしたのが、一緒に働いているSTAFFたちのおしゃれセンス! 私は当初、白のシャツに黒のボトムスを組みあわせるだけでした。だけど先輩はそんな私のコーディネートに、ビビッドな赤の中折れ帽を薦めてくれました。「小物でさし色を加えるだけで、こんなに印象が変わるんだ」って驚きでしたね。また、 後輩STAFFからは「柄物に柄物をあわせる」という難しいコーディネートを教えてもらいました。たとえば、ボーダーのシャツに花柄のスカートをあわせるなど。新発見でしたね!

 

先輩やお客様とのコミュニケーションでさらにおしゃれが磨かれる!!

 “シンプルなトップスやボトムスを着まわしの中心にして、小物で表情をつける”テクしかもってなかった私は、流行のリアルファーのケープについてお客様に、「これって着まわしできる?」と聞かれたときは、困ってしまいました。先輩に相談してみると、「ファーの下に甘めのワンピースをあわせれば、パーティーにもあうかわいい感じ。ファーの下にシンプルなシャツとデニム、ブーツをあわせれば、街歩きにも使える甘すぎない印象になるよ」って、教えてくれたんです。実際にそれを参考におすすめをし、お客様が笑顔になられたときは自分の自信へとつながりましたね。

自分ひとりじゃ決して身につかないプロのセンスを手に入れた!!

 アパレル販売員として働くことで、「自分ひとりで適当に服を選ぶだけじゃ、おしゃれのセンスは磨かれないなぁ」ってことに気づきました。自分とは違ったセンスの先輩やお客様と触れあい、いろんな意見を聞き、実際にコーディネートしてみることで、はじめて「プロのセンス」が身につくんだって、そう実感しましたよ。 働き始めて1年半がすぎ、私にコーディネートを頼んでくれるお客様が増えてきました。お客様に頼りにされると、だんだん私のセンスも磨かれてきたのかな…って、うれしくなります。先輩たちのように、たくさんのお客様に「あなたに服を選んでほしい」って言ってもらえるような、そんなスタッフになりたいです!



「小物でさし色をON!」

上下をモノトーンにすると、スタイリッシュだけど少し甘さが欠ける感じになるんです。そこで、ビビッドな色使いの帽子やかばんでさし色を加えれば、より魅力を引き出せます!

「色調を外し、柄物×柄物を実現」

柄物×柄物は、どうしてもうるさい印象になりがちで組みあわせが難しいもの。しかし、たとえば白黒のボーダーに明るい花柄など、色調を外せばイイ感じになることを働いて知りました。


「インナー使いで印象を変えるセンス」

ファーの下に甘めのワンピースをあわればキュートな感じ。シンプルなシャツやブーツをあわせれば甘すぎない大人の印象になります。
インナーを変えるだけで印象を変えられるセンスが身につきました。

【取材協力】ROSE BUD 渋谷店
あなたもプロのセンスを身につけちゃう!?未経験歓迎!アパレル販売のお仕事はコチラ
※2010年9月27日現在の情報です。
※制作物に関わる著作権その他の知的財産権のほか一切の権利は株式会社インテリジェンスに帰属するものとします。
編集後記
 自分ひとりで雑誌をみて勉強しても、自分の好みだけのセンスしか身につかないんですね。でも、アパレル販売員として働くことで、幅広いファッションセンスが身につき、よりオシャレになれるんです。「こんな服も自分にあうんだ!」と、新しい自分が発見できるかもしれません。おしゃれ好きな方にはぜひオススメのアパレル販売員、チャレンジしてみてくださいね♪
アンケート