バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>正社員で再就職したママが語る☆やってよかった事前準備

周りに協力者を作る、ビジネスマナーの復習…etc.正社員で再就職したママが語る☆やってよかった事前準備
子供の将来や家のローンのために、4月から正社員で再就職したいと思うママも多いのではないでしょうか。しかし、結婚・出産をしてからはじめて働きに出かけるため、なにか事前準備をしたほうがいいのかしら…と考えたりしますよね。ほかのママはいったいどうしているのでしょうか。今回は、子供が小さいときに正社員として再就職をしたママに集まってもらい、「やってよかった事前準備はなに?」をテーマに語っていただきました☆

(取材・文:CHIKA イラスト:大野 朗子 構成:ちゃりこ 更新日:2011/1/24)

今回話を聞いたママさんはコチラの方々!



座談会START!
「正社員で再就職するときに、やってよかった事前準備はなんですか?」
再就職してよかったことは?
やはり貯金ができたこと。子供に新しい洋服を買ってあげる余裕も少しできました。
うれしそうな子供の姿を見ると、また明日も仕事をがんばろう!って思えます。
働きに出ることで、「自分の居場所は家庭だけじゃない」と実感できました。生活範囲が狭いとついついいろいろ考えこんでしまうんですよね。社会と接点をもつことは大切です。
大好きな洋服に囲まれて働くことが、私にとってなにより幸せなんだなぁと、あらためて実感しました。 仕事に恵まれることで、よりよい家庭を築く意欲も生まれました。もちろん貯金ができたこともうれしいですね。
やっぱりコレは大切☆子供の預け先の確保
三上さん:やっぱり一番の不安は子供のこと。ウチの子は小学1年生だったから、授業がお昼で終わっちゃう。私が働きに出ると、家で寂しい思いをするんじゃないかと心配で…。
川嶋さん:そうそう、子供のことが一番気にかかる。ウチの子は運よく保育所に預けられることになったけど、延長保育枠の空きがなくて。18時ごろまでしか預かってもらえないから、ファミリーサポートセンター(※)の利用を申し込んでおいた。仕事が遅くなってしまったとき、お迎えや一時預かりの依頼に応えてくれて、本当に助かった!
杉山さん:ファミリーサポートセンターって、働く女性のための会員組織だよね。そういうところを利用する方法もあるんだ。私は夫の両親が近くに住んでいたから、子供の幼稚園のお迎えをしてもらって、仕事が終わるまで預かってもらった。
三上さん私も両親に頼んで、子供を預かってもらうことにしたわ。だけどそれだけじゃ不安だから、仲のいいママ友に、いざというときは子供を預かってもらえるようお願いした。もしものときのために、預けられる場所を複数準備しておくと安心だと思う。
夫、ママ友、両親、隣人、学校の先生…協力者を作った!

杉山さん:周囲の理解を得ることも大切だって、働いてみて痛感した。最初、夫の両親には反対されたの。「子供が小さいんだから、無理に働く必要はない」って。だけど夫が説得して、理解してくれたの。それから協力してくれて、「こんなに心強いことはない」って思った。
あとは、幼稚園の先生には伝えたかな。自分の状況をわかってくれているだけでも仕事をしているときの気持ちは全然違うよね。
三上さん:私も担任の先生には伝えた。あとは、やっぱり両親の協力がとてもありがたいと感じた。ママ友とコミュニケーションを取って、協力しあえるようにしておいたのも大きかったかも。あっ、お隣さんにもいろいろ気を遣ってもらった。働きにでかけることを伝えると、「忙しいときは○○ちゃん、預かるからね」っていってくださって、感激した!
川嶋さん:いいね、そういうの。事前にちゃんと話して、協力を得るって大切なことよね。私は夫の理解を得るために、きちんと話しあったよ。理解を得れたおかげで、残業で遅くなるとき、私の代わりに買い物や家事を手伝ってくれる。夫には、本当に感謝!

ビジネスマナー、最近の流行など、仕事で必要なことを復習
川嶋さん:結婚して職場を離れていると、敬語やビジネスマナーって忘れてしまうよね。再就職する前にビジネスマナー本を買ってかるく読んだら、ちょっと自信が出てきたかも。
三上さん:私もビジネスマナーを復習したかな。事務職だから、パソコンの扱い方もおさらいしておいた。時間があったから、夫に教えてもらって、ExcelやWordといったソフトの使い方を学んだよ。
杉山さん:へえ、事務職だとそういうところ大切なのか。私はアパレル職だから、最近の流行をつかむ努力をしたかな。子供ができてから、ファッションと無縁だったから…。最近の流行のアイテムとか、ファッション用語を雑誌で学んで、働いていたころの感覚を取り戻すようにした。
三上さん:やっぱり事前準備に復習って大事。学んだことが必ず仕事に役立つとは限らないけど、気持ちの面で働く自信を取り戻せるし。
家事をいつやるのか、残業時はどうするのか…すべて書いた!というツワモノも…

川嶋さん:個人的にした準備は、夕食の献立表を作ること。手軽に作れて栄養豊富なメニューを考えて、冷蔵庫に貼っておいたの。残業で遅くなったとき、すごく助かった!
三上さん:そのアイデアはいいね! 忙しいときにいちいち献立を考えていたら、結構な負担だものんね。私は子供の年間行事を前もってチェックしておいた。子供にさみしい思いだけはさせたくなかったから。
杉山さん:子供が小学生だと、授業参観とかいろいろ行事があるからね…。私は、知人に「働きながら家事を毎日やるのは無理。曜日を決めたほうがいいよ」って言われたの。だから、掃除や洗濯は火曜、木曜にまとめてやることにした。事前に決めておくことで、無理しすぎなくて済んだと思う。
まとめ

ちょっとした事前準備をしておくだけで、働きに出るときの気持ちはずいぶんラクになるようです。また、“周囲の人々に協力をお願いしておくこと”も大切。日頃から周囲の人々とコミュニケーションを取り、いざというときに手助けを得られるようにしておきたいですね。


~ ありがとうございました! ~
(※)ファミリーサポートセンター:働く人々の仕事と子育て、介護の両立を支援する目的からつくられたサポート制度。地域において育児や介護の援助を受けたい人と
行いたい人が会員となり、育児や介護について助けあうシステム。市区町村が設立運営するセンターをとおして、子供の面倒を見てくれる人を紹介してもらうことができます。
先輩ママの生声を参考に準備をして、さっそくお仕事探しスタート
※2011年1月24日現在の情報です。
※制作物に関わる著作権その他の知的財産権のほか一切の権利は株式会社インテリジェンスに帰属するものとします。
編集後記

 家事・育児をしつつ、正社員として働く…これほど大変なことはないと思います。しかし、座談会に参加してくださった3名のママは、「毎日大変だけど、働くことでやりがいを感じている!」と活き活きと話してくださいました。私は想像するだけでも、大変そうで参ってしまいますが…これから正社員で再就職を目指されるママは、今回のやってよかった事前準備を参考にがんばってください!

アンケート