バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>アルバイターが注意しておきたい“所得税”講座

気がつかないうちに、事前にひかれている可能性アリ!! アルバイターが注意しておきたい“所得税”講座
“所得税”って知っていますか? ときどきガツンと稼ぐ“ちょい稼”アルバイターの方は要注意。働いて稼いだ給料から気がつかないうちにひかれている可能性があるのです。そこで、今回は専門家にアルバイターが注意しておきたい所得税に関して教えてもらいました!

(ライター:ウーゴ・イヤス  監修:山中 伸枝 編集部:メガネ 制作日:2011/3/28)
アドバイザー紹介

プロフィール

ワイズライフFPコンサルタント代表 心とお財布をハッピーにする専門家ファイナンシャルプランナー(CFP) 確定拠出年金アドバイザー

あなたは当てはまっていませんか?
月に88000円以上、稼いでいる
勤務先に休まずに出社した特典として“皆勤手当”をもらっている。
勤務先では、残業することが多い。

当てはまる方は…要注意★

給与から所得税が引かれているかもしれません!



アルバイト、社員かかわらずかかる稼いだ金額に対してかかる税金が所得税。1年間の総収入が103万円以下であれば非課税扱いとなります。しかし通常、所得税は、

見逃さないためのCHECK POINT!
月に88000円以上、稼いでいる
CHECK!!
  • 収入が103万円以上になるとみなされる!
    月に88000円以上稼ぐと年間で103万円以上稼ぐであろうとみなされて所得税がひかれます。これ未満だとひかれません。
  • 短期、長期と、期間にかかわらない
    1ヵ月以内の短期でも、半年以上の長期でも、月額88000円以上稼いだらひかれる対象になります。
  • 日払いでも週払いでもひかれる対象に
    日払い・週払いでも“みなされて”ひかれる場合があります。給与明細の所得控除欄を確認しましょう。

勤務先に休まずに出社した特典として“皆勤手当”もらっている。
CHECK!!
  • “手当”とつくものは収入として換算される
    休まず働いた人に支給する“皆勤手当”など、“手当”と名のつくものは、自分の稼いだお金として定められ、所得税の対象に。勤務先に皆勤手当がある場合には要CHECK。
  • 通勤手当は非課税対象
    同じ“手当”でも通勤手当は、必要な経費として処理されているため、所得税はかかりません。

勤務先では、残業することが多い。
CHECK!!
  • 残業時間の給与は平時の25%増し
    週の労働時間が40時間を越えると給与がUPします。UPした分をしっかりCHECKしましょう。
  • 休日勤務は平日の35%増し
    休日として決められた日に勤務した場合、その日の給与は35%増しとなります。給与明細の勤怠欄を確認しましょう!
おまけ 払いすぎの所得税は確定申告で戻ってきます。

年間で結局103万円以上稼がなかった場合など、払いすぎた所得税は、確定申告で返ってきます(※詳しくは下記の特集リンクをクリック)。月に88000円稼ぐと、だいたい3100円程度が所得税としてひかれます。CDアルバム1枚分に相当しますね。ちりも積もればといいますから、しっかり自分の稼いだ金額をCHECKしておきましょう。
→【意外と簡単★アルバイターの『確定申告』攻略法!】 →【働く主婦が知っておきたい税金知識!】

アルバイト情報はこちら!
※2011年3月28日現在の情報です。
※制作物に関わる著作権その他の知的財産権のほか一切の権利は株式会社インテリジェンスに帰属するものとします。
アンケート