バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>常連客ができて楽しい!接客ワークで長く働く私の体験談

スキルUPだけじゃない、やりがいUPする“出会い”がある
常連客ができて楽しい!接客ワークで長く働く私の体験談

(ライター:ウーゴ・イヤス  編集部:メガネ 制作日:2012/1/16)
長く働くことで常連のお客様ができて接客ワークがもっと楽しくなりました!坂梨 隼人(バイト歴9年) 和食居酒屋 渋谷「巖(いわお)」
人と話のが好きだから接客ワーク

人と話すのが好きだったという、単純ですけど、それが一番の理由で接客ワークをしようと思いました。当時はキックボクシングをしていたので、試合や練習で勤務時間がなかなかとれないこともあり、勤務時間に融通がきくのと、食べることが好きだったので今の飲食の仕事を選びました。今年で9年目、こんなに長く働くとは思っていなかったですね。

お客様と楽しそうに会話をする店長や先輩スタッフ

入店したてのころ、店長や先輩スタッフが、お客様と楽しそうに会話している姿を見かけたんです。接客ワークってこんな風にお客様と楽しく話せるものなんだと、働く前にもっていたイメージ以上に魅力を感じましたね。ただ、すべてのお客様ってわけではなく、その楽しそうに話しているお客様はいわゆる“常連”の方だったんです。「●●さん元気?」「●●さん今日も来たよ」って名前と顔を覚えられていて、うらやましかったですね。長く勤務すれば、自分もああいう会話をお客様とできて、もっと楽しく働けるんだろうなって思いました。

常連のお客様に「この間は楽しかった」と声をかけられた


もともと人と話すのが好きだったから、お客様の注文をとりつつ、お客様の会話に入っていったり、自分から話しかけたり、ガンガン前に出ていました。自分が20歳くらいの若造だったってこともあってか、お客様は暖かく迎えてくれました。「お兄さんおもしろいね、1杯飲みなよ」なんていわれることもありました。働いて数ヵ月後くらいに、いらしてくれたお客様に「元気だった?」って声をかけてもらえるようになったんです。「この間は楽しかったよ」って言ってくださる方もでてきて、自分を覚えてもらったことがものすごくうれしかったですね。
「会いにきたよ」と言ってお店に来てくださったお客様でやる気UP


そんなあるとき、お客様か来店され「会いにきたよ~」って自分に言ってくださったんです。いままでは、“お店”目的でいらしていた方ばかりだったのですが、自分に会うことを目的に来たと言ってくれるお客様ができたことに、いつも以上のうれしさを感じました。「おいしかったよ」「ありがとう」って言葉ももちろんうれしいのですが、「会いにきたよ」「また会いにくるね」っていう言葉はそれ以上にやりがいをUPさせました。こういうお客様との関係性は、お客様と長く接すればこそ成り立つものなんだと思いました。

長く働くことで、人間関係も広く深くなる接客ワーク


数年前から働き始めのようなガンガン前に出る接客方法はしていません。長く働くなかで、お客様は、静かに飲みたい方や、友人との会話を楽しみたい方もいるってことに気がつきました。だから今は、自然体で柔らかな接客を心がけています。9年働いて常連のお客様の数は数十人になるのではないでしょうか。接客ワークは長く働くと、スキルがUPするだけじゃなく、お客様との関係も広く深くなるってところが魅力ですね。接客ワーク、これからも続けていこうと思っています。
接客ワークで働こう!
※取材協力:和食居酒屋 渋谷「巖(いわお)」 東京都渋谷区道玄坂2-23-2
※2012年1月16日現在の情報です。
※制作物に関わる著作権その他の知的財産権のほか一切の権利は株式会社インテリジェンスに帰属するものとします。
アンケート