バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>ネットとメールができればOK!ママの”在宅ワーク”体験談

「アンケートモニター」の在宅ワークをしているママにインタビュー!

佐藤恭子さん(32歳)
1歳の男の子のママ

お仕事内容 インターネットのアンケート会社に登録してアンケート調査にネットで回答。 発売前商品のモニター利用をして感想日記を書くお仕事や、たまに座談会参加も。
お仕事時間 1日2時間ほど、週8時間ほど、1ヵ月で32時間ほど
1ヵ月の収入 約2万円(アンケート60件回答、モニター調査1回、座談会1回参加した場合。※会社によって異なります。)
佐藤さんの1日のスケジュール 始める前の不安は? 『パソコンに自信がなく、私にもできるお仕事があるのかな…?と。』

子供が1歳になると少し余裕が出てきて、子育てだけでは物足りなくなってきました。そこで働きたいとは思ったのですが、保育園に預けられないし面倒をみてくれる両親も近くにいないので、外で働くことは無理でした。そんなときママ友が家でサロンの仕事をしているのをみて、家でなにかお仕事できたらいいなと思い、いろいろと資料を集めたりしていたのですが、自分には特別なスキルもないし、今から技術を身につけるのも莫大なお金がかかるのを知りあきらめていました。在宅といってもなかなか私にできる仕事はないな…と思っていたときこのアンケートモニターを知り、これならパソコンに自信のない私でもすぐに仕事ができるなと思い始めました!

在宅ワークを上手に始めるポイントは? 『まずはお金より息抜きになる仕事を選ぶ。一緒にできるママ友を作る!』

お仕事をするからにはお金も欲しいと思うのは当然のこと。だけどそれを第一優先においてしまうと、コレだと思う仕事がなかなか見つかりませんでした。なのでゆくゆくはおこづかいも稼げる仕事をするとして、まずはリフレッシュできるお仕事を選ぶなどと決めると最初がスムーズでした。実際にも育児の息抜きになる仕事というのは、精神的にとてもいいと感じます。またマイペースに仕事できるだけに続けることもなかなか難しいのですが、仕事について話せるママ友を作るのはとってもいいですよ! 始めるにあたってわからないことなどいろいろと相談できますし、仕事について話せる仲間がいるというのは楽しいです!

家庭と両立するためのコツは? 『仕事のリズムを作る!メインの仕事時間は夜、子どもが寝てから。』

育児というのは日によってスケジュールが違うもの。子どもが急に熱を出す日もあるし、昼寝をしない日もあるし。また子どもが昼寝をしている間に仕事をやろうと思っても、疲れて一緒に寝てしまうこともあります。在宅ワークは仕事時間が決められていない分、仕事の時間を作り習慣化させることが大事だと思います。お仕事時間としては、子どもがお昼寝している間と夜に子どもが寝てからの時間があると思いますが、なんだかんだいって夜の方が習慣化できるので、夜に仕事をするリズムを作るのがいいと思います。私は夜テレビをつけると同時にパソコンを開くようにしていますよ。あとは家事や育児の時間の合格点を80点でOKとすることも大事ですよね(笑)

在宅ワークのメリットは? 『家に居ながらでも、自分をいかせる仕事がマイペースにできる!』

在宅ワークのメリットは、「マイペースに仕事ができること」だと思います。毎日ランダムな時間に仕事できることは、子育てママにとってはとても魅力的です。また育児や家事は、誰にも評価されることもないし役立っている感もなかなかないものなので、家に居ながらすき間時間に仕事をして自分の意見をいかせると感じられることは、とてもリフレッシュになります。いつかはフルタイムで仕事をしたいと考えていますが、それまでの間むりなくマイペースに仕事ができる在宅ワークは、子育てママにぴったりのお仕事だと思います。今はアンケートモニターの仕事しかしてませんが、ゆくゆくはもっといろいろな仕事をしたいと思っています!

※2012年1月23日現在の情報です。
※制作物に関わる著作権その他の知的財産権のほか一切の権利は株式会社インテリジェンスに帰属するものとします。
編集後記
今回は「an」にも多いアンケートモニターのお仕事を取材しましたが、在宅ワークはもっといろいろなお仕事があります。ママが育児を大事にしながら働ける在宅ワークっていいですよね。でもまだまだママにとっての在宅ワークの環境は十分とはいえません。「an」としても、在宅ワークのワーキングママがたくさん活躍できる環境を作っていかなければ!と思いました。
アンケート