バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>憧れスキルが私のものに!未経験OKの“癒し”ワーク


心身の疲れを癒したり、美しくなるお手伝いをするエステやリフレなどの“癒し”ワーク。実は、資格不要で未経験からでもスタートできるってご存知でしたか? 今回は、実際に資格もないまったくの未経験からはじめて“癒し”のプロになった方にお話を伺いました☆ 【撮影:小関裕一 文:飯村智奈 編集部:ぴーち 2012/5/28】


※資格の要・不要は、仕事内容や、企業の経営方針により異なります。
応募前に、求人広告の記載を確認しましょう。

まったくの未経験からはじめてスキルをGET!今や、副店長として活躍する青木さんにインタビュー☆


青木尚香さん(27歳)

セラピスト歴 1年8ヵ月

勤務先:ベアハグ赤坂サカス店

リラクゼーションの分野に興味があったので 思い切って飛び込んでみました!

 この仕事に就く前はリラクゼーションのお店を利用する側の立場でした。もともと興味があった分野だし、その頃から「癒しの効果ってすごいな」「私もこういうお仕事をしてみたいな」って本格的に思うようになりましたね。とはいえ、もちろん当時はまったくの素人。専門的な知識はゼロだし、本当にやれるのかどうか少し不安はありましたが、人と接することも好きだったので、まずは飛び込んでみよう、と決心したんです。

最初の1ヵ月は研修の日々。仲間もみんな未経験だったのでホッ。
 未経験者がいきなりお客様の体に触れることはできないので、最初の1ヵ月はボディセラピーとフットセラピーの研修を受けます。規定のプログラムに沿って圧のかけ方や施術の流れなどを学ぶんですが、仲間がみんな私と同じ未経験者だと知ってホッとしたのを覚えていますね。研修中でもお給料がもらえるし、わからないことは先生に聞けば丁寧に教えてくれる。でも、お店でセラピストとしてデビューするには、研修の最後に実施される実技試験に合格することが条件。私の場合、緊張したせいか一度目は不合格でした。でも、落ちたことで、改めて未熟な部分を先生にチェックしてもらって上達できたので、結果的にはよかったです。
アドバイスを求めやすい環境が整っていたのが心強かったです。
 お店でデビューした最初の頃は、とにかくドキドキの連続でした。扉を閉めればお客様とふたりっきりだし、ひとくちに肩コリや腰痛といっても、お客様によって症状も体質も違う。それに、少し慣れてくると、基本どおりにやっているつもりでも自己流の悪い癖がつきやすくなると聞いていたので、それも心配でした。でも、こういった問題に直面したときは、必ず先輩たちから的確なアドバイスがもらえました。経験を重ねるまでは、どうしても不安や迷いが消えませんでしたが、その点、お店にはなんでも相談できる雰囲気が最初から整っていたので、本当に心強かったです。
週3回の勉強会で、技術を磨いて自信を深めています。
 私が働く会社では、費用自己負担で会社併設の学院へ通うことができます。やはりこの仕事を選んだ以上はもっとスキルアップしたいし、お客様に喜んでいただきたい。そういう気持ちが強かったので、整体師養成コースを受講して資格を取りました。おかげでより自信をもって施術できるようになりましたね。それに、お店でも週に3回、スタッフ同士で手技を練習したり、サービス内容や技術的な改良点を話しあう勉強会が設けられています。スタッフみんなが「もっとうまくなろう」「お客様に満足していただこう」という意欲でいっぱいなので、お店の雰囲気もすごくいいんですよ。
お客様の笑顔が一番の喜び。今では副店長としてがんばっています。
 1年前にバイトから正社員になり、今年の3月には副店長になりました。お客様の指名を受けたり、「ありがとう」と言っていただけるのがうれしいから辛いと思ったことは一度もありません。私が働くお店ではボディ、フット、整体に加えてオイルケアのメニューもあるので、ゆくゆくはエステ方面の技術もきわめてみたいです。接客が好きで、誰かに喜んでもらうことが幸せだと感じられる人なら、未経験のスタートでもきっと大丈夫。長く続けられる一生モノの仕事ですよ。
◇取材協力:ベアハグ 赤坂サカス店
※2012年5月28日現在の情報です。
※制作物に関わる著作権その他の知的財産権のほか一切の権利は株式会社インテリジェンスに帰属するものとします。
編集後記
取材の中で、「“癒し”ワークは親孝行にもなるんですよ~!」と話してくれた青木さん。確かに、自宅で気軽にプロの施術が受けられたら、家族に喜ばれること間違いなし! 友人や恋人から頼まれたり…なんてこともきっとあるんだろうなぁ(妄想中…)。未経験から始められて、お客様だけでなく身近な人にも喜んでもらえる“癒し”ワーク、ぜひ多くの方にチャレンジしてもらいたいな、と思ったぴーちでした☆
アンケート