バイト探しはan:TOP>バイトのとびら>パートでアンチエイジング!専門家がそのワケを徹底解明

通勤で運動!意識して笑顔!覚えることで脳を鍛える パートでアンチエイジング!専門家がそのワケを徹底解明

毎日同じような生活を送っているあなた、家事って大変ですよね。でも家事だけでは世界が狭くなりがちで、運動も会話もしないと老化の一途をたどります。この生活を変えるにはパートです! 新たな世界で働くと発見や刺激がいっぱいで、実はこれがアンチエイジングに! そのワケをアンチエイジング専門家の方に聞いてきました☆
【監修:竹本 アイラ 文:飯村 智奈 イラスト:アキワシンヤ 構成:ひみこ 更新日:2012/7/23】

「結婚してから、こんな生活していませんか?」
近所の買い物やゴミ出ししか動かない 単調な毎日で刺激がない メイクやおしゃれをしなくなった 笑うことが減った 夫と子供としか話さない これらは老化現象!生活を変えないと老化が進みます!知ってました?実は「働く」ことは老化を阻止をするきっかけに!結果的にアンチエイジングにつながるワケを専門家に聞いてきましたアンチエイジング研究家 竹本アイラさん 主婦ネットワーク「MaM-CaN」を運営。主婦&ママの可能性を引き出すべく、マーケティングやプロモーション、アンチエイジングなど、さまざまな分野で活躍中。
新たに覚えることで脳トレに!
料理名や味つけを記憶。右脳と左脳をバランスよく刺激することでアンチエイジング

他にこんな場面 仕分けの作業で、サイズと届け先を区別して振り分ける/カフェのメニューで、20種あるドリンクの名前と価格を覚える

急に人やモノの名前が出なくなることは誰にでもありますが、そもそも人間の脳は使っていないと衰えるもの。でも最近は、わからないことがあっても、スマホなどですぐ検索できてしまうので、みなさん記憶を引き出す力が弱まっているんですね。だから、仕事で「新しいなにかを覚える」ことは脳の老化を防ぐのにとてもいいんです。たとえば飲食店でのパートなら、まずメニュー名を覚えなくてはなりませんが、この手の暗記には、おもに左脳を使います。でも、ときにはお客様に「この料理にはどんな食材が使われていますか?味つけは?」のように、より詳しい情報を聞かれたりしますよね。こういった記憶の関連付けに使われるのは、実は右脳なんです。日常生活で右脳と左脳をバランスよく鍛えるのは案外難しいもの。一時期、脳トレが流行りましたが、パートで「新しい知識を記憶する」ことは、まさに脳トレになるんです。

通勤・職場内を歩くことで体幹のエクササイズに!
飲食系のパートなら上半身も筋力アップ。姿勢を正すことがアンチエイジング

他にこんな場面 ランチタイムでごった返すレストランで、料理をテーブルに運ぶ/ガソリンスタンドで車の窓を拭いたり、洗車をしたりする

年を取ると「膝が痛くなって歩けない」などという話をよく聞きますが、人間の足腰は、内ももについている内転筋という筋肉が落ちることで弱ってきます。そうならないためには、ちゃんとした靴で、姿勢よく歩くこと。当然、仕事となればダラダラ歩くわけにはいかないので、パートでのアンチエイジングは期待できますね。職場を激しく動き回るような仕事で下半身が鍛えられるのはもちろんのこと、居酒屋などの飲食店では上半身も鍛えられます。たとえば、ふだん小さい子どもを抱っこするときは、どうしても利き手に偏るので体が歪みますが、重いジョッキやお皿を運ぶとなれば、正しい姿勢で両手を使わないと持ちきれませんよね。正しい姿勢を取るには腹筋と背筋を使うことになるので、最終的には体幹も鍛えられるんです。もちろん、通勤での歩き方も大事。いつもペタンコの靴ばかり履いているという人は、ちょっと高めのヒールで背筋を伸ばして歩くと、それだけで効果がありますよ。

複数の人と話すこと&笑うことで若々しく!
気分が明るくなってリフトアップ効果もある“笑顔”をつくることがアンチエイジング

他にこんな場面 居酒屋で元気よく注文を聞き、それを大声で厨房に通す/キャンペーンスタッフとして、笑顔でお客を呼び込む

朝、夫を送り出したら、夫が帰ってくるまで誰とも会話ナシ…。こんな人は意外と多いのではないでしょうか? 脳や足腰が衰えるように、声帯にも老化はあります。誰でも若い頃に比べると、声が低くなるだけでなく、ハリやツヤもなくなってくるので、ふだんから大きな声で話すのはとてもいいことなんです。キャンペーンガソリンスタンド飲食店のように、ハキハキとした受け答えが求められるような仕事は、それだけで声のアンチエイジングになります。また、接客には「笑顔」も欠かせませんが、笑うという行為は自律神経を刺激してくれます。たとえば、ムリにでも笑顔を作っていると、日常生活でイヤなことがあっても、不思議と楽しい気分になってきたりします。これは笑うことで脳が「楽しい」と勘違いして、スイッチが入るから。それに、笑顔は頬のリフトアップにもなるので、ほうれい線を気にしている人にもオススメです。

他人に見られることで意識が変わってきれいに!
見られてオンナはきれいになる!おしゃれを意識することがアンチエイジング

他にこんな場面 スーパーでの新製品の試食販売で、お客さんの注目を集める/レジ・包装の仕事で、作業の様子をじっと見られる

アンチエイジングには、脳や健康、美容など、さまざまなアプローチがありますが、そのすべてに関わってくるのは意識。極端ないい方かもしれませんが、意識が変わらなければ、何をやっても意味がありません。そう考えると、「他人に見られる」というのは、それだけで効果大。誰だって、他人の視線を感じれば「ちゃんとしなくちゃ!」という気持ちになるからです。とりわけ女性は順応性の高い生き物です。アパレルキャンペーンなどの仕事では、お客様に見られるのはもちろんのこと、職場の仲間もオシャレで、服装やメイクに気をつかっている人が多かったりしますよね。そうすると、いい意味で影響を受けて、自分もどんどん身なりに気を配るようになってくる。こういう意識の変化がアンチエイジングにつながるんです。ちなみに、女性ホルモンを活性化させるカラーはピンク色です。ふだんは家事に追われてスッピンばかりという人も、パートに行くときはしっかりメイクして、通勤着やネイルにピンクを上手に取り入れてください。それだけで気分がアガりますよ!

適度なテンションで日々の生活にメリハリ
ほどよい緊張感とクリエイティブな感性を磨く事がアンチエイジング

他にこんな場面 事務のアシスタントで、慣れない書類の処理に気を遣う/データ入力で、細かい数字や住所を間違えないよう注意する

人間の自律神経には「交感神経」「副交感神経」があります。日常生活ではリラックス効果を促進する副交感神経がおもに刺激されますが、こればかりだとメリハリのないダラけた生活になりがち。その点、仕事をすると、適度なテンション(緊張)が保たれて交感神経が刺激されるので、自律神経のバランスがよくなります。職場での新しい人間関係、事務仕事などの細かい作業、ミスをしてはいけないという意識。これらはすべて適度な緊張感を生み出す要因になります。あと、あまり知られていませんが、その人の若々しさは「電話を通した声」に現れやすいもの。その点、コールセンターの業務などは、適度なテンションによるアンチエイジング効果が出やすい仕事といえるかもしれませんね。仮にミスをしてしまった場合でも、今度は前頭葉が刺激されて「次はこんな風に工夫しよう」という創造性が湧いてきます。こうした意欲的な気持ちも、日々の暮らしを活性化してくれるはずです。

※2012年7月23日現在の情報です。
※制作物に関わる著作権その他の知的財産権のほか一切の権利は株式会社インテリジェンスに帰属するものとします。
アンケート